忍者ブログ
Admin / Write / Res
アニメについての妄想、持論、可能性、感想、広がり等、総合的ブログです。 現在のアニメ位置や可能性や希望など日本アニメについて議論したいと思い、ブログを立ち上げました。
[55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
[PR]
2017/10/23 (Mon) 02:19
Posted by rajion
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


FLT( Four Leaves Technology)の トーラスの方ですw


司波龍郎(しば たつろう): 達也と深雪の実父。サイオン保有量が規格外に多いという魔法資質を持ち、その遺伝子に目を付けた四葉家によって深夜と結婚させられる。達也と深雪のサイオン保有量の多さは父親譲りである。ただしCADの発達により、本人はその資質を成果に結びつけられず、魔法師としては大成しなかった。
○つまり、モブ的存在ですw。


青木: 四葉家の財務を担当する序列第四位の執事。深雪に敬意を払う一方で、同じ血を引く達也を使用人と同列にしか見ていない(これは葉山とは異なり、国家機密でもある達也の能力を全て知らされていないからでもある)。
○名前が無いモブ的存在。それでも司波龍郎より、セリフが多いw


深雪が人前で泣くほどの事とは?。徐々に……ネタ出しなのかな?。



美月とミキの恋愛フラグが立つと同時にミキのBS魔法サラッと説明w


服部 刑部少丞 範蔵(はっとり ぎょうぶしょうじょう はんぞう) 生徒会副会長、七草真由美(生徒会長)と市原鈴音(生徒会会計)に遊ばれてストレス解消の的になるw


ほのかと雫、深雪の機嫌を治す。


光井 ほのか(みつい ほのか)
1年A組の女子生徒(一科生)。深雪のクラスメイトで彼女の友人。雫とは幼い頃からの親友で、魔法のライバルでもある。SSボード・バイアスロン部所属。
少々気の弱い面もあるが、魔法の実力は深雪に次ぐ学年総合2位。「光井」の名の通り、光波振動系(光に干渉する魔法)に特化した適性を持つ、光のエレメンツの血統。他の一科生達と違い、二科生を見下すような考え方をしない、基本的には優しい性格の持ち主である。深雪と行動を共にするようになってからは、達也やその友人らと交流を持ち、時には一緒にお昼を食べるようになる。
A組がE組と一悶着を起こした際、反射的に魔法を使ってしまい、風紀委員の処罰対象になりかけたが、達也の便宜で助けられ、謝罪をしている。それから達也に強い関心を持つようになるが、元々、達也のまるで無駄のない魔法を入試試験時に目撃して感銘を受けていたため、二科生として入学していた事実がほのかにとってはショックだった。その後、達也にエンジニアを担当された九校戦を通じて尊敬心と思慕を抱くようになり、告白するも恋人を作ることはできないと振られる結果となった。しかし、それでも想い続けることを告げており、アタックを継続している。
スピンオフの『魔法科高校の優等生』ではレギュラー格のキャラクター。達也だけでなく深雪に対しても強い憧れを抱く様子が追加されている。おっちょこちょいな性格も強調され、A組とE組の接触時に魔法を使った場面では、あくまで乱闘を制止したい思いであったという内心も表現されている。また、同作では「SSボード・バイアスロン部」に所属している設定も明かされ、同じ一科生である明智英美との出会いも描かれている。



北山 雫(きたやま しずく)
1年A組の女子生徒(一科生)。ほのかとは家族ぐるみの付き合いがある親友同士。SSボード・バイアスロン部所属。
ほのかと共にクラスメイトの深雪の友人となり、深雪を介してE組の達也らと交流を持つ。実は、日本の大実業家である北山潮を父に持つご令嬢。家族には両親のほか、祖母と小学5年生の弟(航)がいる。
無口で無表情な少女だが、主張するときは鋭い発言のできる人物。Aランク魔法師である母親の遺伝から大出力の振動・加速系魔法を得意分野としており、「共振破壊」「フォノン・メーザー」などの術式を持ち技にしている。ただし、どちらかといえば出力が売りで、細かい制御は苦手。魔法実技では学年2位の実力者。
九校戦ではスピード・シューティング新人戦、アイス・ピラーズ・ブレイク新人戦に出場して好成績を残す。九校戦(練習時含め)における達也のエンジニアとしての腕を買い、専属でなくとも雇いたいと勧誘しているが、達也本人から「その件はライセンスを取得してから」と断られて(先延ばしにされて?)いる。九校戦の際には達也からフォノン・メーザーの術式と複数CADの同時操作技術を伝授されており、大会後には同術式がインストールされた小型拳銃型のシルバー・ホーンをセカンドマシンとして購入した。
スピンオフの『魔法科高校の優等生』では、ほのかと共にレギュラー格。ほのかを誘ってバイアスロン部に入部した経緯や、明智英美との交友を得る様子も描かれている。

○あ~ちゃんの次に好きなキャラ。やっと長く出てきた。雫の髪型って、ARIAの灯里に似てない?……もみ子w。



事件です!w。さて、この後誰がどう魔法を使って何工程でどうなったか?。……多分サラッとやるんだろうなーw。

淡々と過ぎていく物語は、私にとっては面白くて楽しい。削り過ぎな所は原作読んでない人のデメリットと言う事でw。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
プロフィール
HN:
rajion
性別:
男性
趣味:
アニメ
P R
Copyright ©  日本アニメ推進委員会 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]