忍者ブログ
Admin / Write / Res
アニメについての妄想、持論、可能性、感想、広がり等、総合的ブログです。 現在のアニメ位置や可能性や希望など日本アニメについて議論したいと思い、ブログを立ち上げました。
[32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22
[PR]
2017/10/23 (Mon) 02:09
Posted by rajion
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は京極夏彦さんの京極堂シリーズの読者。

読者になる道程をチョットだけ。

昔、そんなに昔じゃない昔。

MMORPGをやめる為ネット環境をなくした。

でも、3年間1日約20時間以上を仮想空間で過ごしていた時のサイクルが

体に染み付いていて、落ち着かない時が続いてた時がある。

で、ある時ムショウに活字を読みたくなって中古本屋に行った。

実はその時にライトノベル本と言うジャンルがあるのを知ったんだよね。

何冊か買って読んだ。それがね…だいたい1~3時間で読み終わっちゃう。

その読むスピードの時間が早いのか遅いのか分からないけど

私的にはアッと言う間の時間だった。満たされない気持ちがいっぱい。

勿論その時は職についてなかったのでお金もわずかしか持ってない。

で、図書館はどうだろう?と思って行ってみた。

兎に角厚くて面白い小説ないか、小説コーナーの『あ』行から見て行った。

最近の有名な著者とか知らない。

暑い本。題名は想像感で。手に取って最初の方を何ページか読んでみる。

それを繰り返して辿り着いたのが京極夏彦さんの京極堂シリーズ。

もう、家に急いで帰ってかぶりつきながら読んだ。すっかりはまりました。

戦後間もない時代の怪しくて人間臭くて、中禅寺秋彦の講義を受けてるような感じ。

一字一句を想像する事に時間が掛かる高揚感とジレンマ。想像出来た喜び。

自分の中に仮想空間が出来ていく楽しさ。私にとっては最高の娯楽になった。

そして、映画化。 姑獲鳥の夏。主演の堤真一さん…?。最初誰?と正直思った。

勿論、観に行った。その時に堤真一さん最高( ´∀`)bと思いつつ、私の想像を

越えるものではなかった。時代感だけかな。

榎木津礼二郎 役の 阿部寛さん。顔は確かにこんな感じ。だけど体の線が細く感じた。

木場修太郎 役の宮迫博之(雨上がり決死隊)は問題外。顔が優しすぎw。声が高すぎw。

な感じ。まぁでもそれなりに楽しめた。

アニメ魍魎の匣。絶望しました。人絵のタッチから全てに絶望。それでも観ていく。

アニメ魍魎の匣公式サイト

京極夏彦さんwiki



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
プロフィール
HN:
rajion
性別:
男性
趣味:
アニメ
P R
Copyright ©  日本アニメ推進委員会 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]