忍者ブログ
Admin / Write / Res
アニメについての妄想、持論、可能性、感想、広がり等、総合的ブログです。 現在のアニメ位置や可能性や希望など日本アニメについて議論したいと思い、ブログを立ち上げました。
[53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43
[PR]
2017/08/17 (Thu) 18:41
Posted by rajion
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アニメARIA。ファンタジー。舞台は火星のネオ・ヴェネチア。

私がこのアニメを観て、本格的にアニメが好きになるきっかけになった作品。

なぜ唐突にARIAなのか?。

それは海外反応が出てたから。とっくに海外で放送されていると思ってた。

今は3期放送中なので逆算して、去年の夏位から放送してるみたい。無性に観たくなってDVDを観た。何回観ても泣ける。時が何年過ぎても泣ける。ARIAを観て流す涙はとてもストレス解消してネガティブ悪玉菌を体から出してくれる。精神的にリセットされた気分になる。リラックスして観れるという所はのんのんびよりを観てる時間と同じかな。



ちょっとだけあらすじ↓
物語は、惑星マンホーム(地球)から来た少女、水無灯里(みずなし あかり)の視点で語られる。灯里はウンディーネとなるために、人間一人、猫一匹の小さなゴンドラ観光会社「ARIAカンパニー」(アリア―)に入社する。この都市の観光会社には航海の安全を祈願するために青い瞳の猫を象徴にするという風習があり、ARIAカンパニーでは火星猫のアリアを社長にしている。アリアは作品のマスコット的存在ともなっている。経営者で先輩のアリシアは業界一の成績を持つウンディーネであり、灯里はその優しい指導の下で成長していく。
また、灯里は同じこころざしをもつ二人の少女と友人になる。一人は老舗観光会社「姫屋」の跡取り娘、藍華(あいか)。もう一人はまだ学生ながら、一流の操船技術を持つアリス。3人の所属会社は違うが合同で練習を行い、観光案内と操船の技術を磨いていく。
各話ではネオ・ヴェネツィアの風習や季節の風物などが描かれる。時折り、妖精ケットシーのような幻想的な存在が灯里の前に現れることもある。灯里の職階は見習いの「ペア」から、一定の範囲で営業が認められる半人前の「シングル」、そして、一人前のウンディーネである「プリマ」へと昇格していく。






さあ~お手をどうぞ!(^^)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
プロフィール
HN:
rajion
性別:
男性
趣味:
アニメ
P R
Copyright ©  日本アニメ推進委員会 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]