忍者ブログ
Admin / Write / Res
アニメについての妄想、持論、可能性、感想、広がり等、総合的ブログです。 現在のアニメ位置や可能性や希望など日本アニメについて議論したいと思い、ブログを立ち上げました。
[1]  [2]  [3]  [4
[PR]
2017/06/24 (Sat) 17:48
Posted by rajion
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひかりTVであったので期待せずに観てみた。


一番最初に思ったのは整備士多すぎw。

大ファンだったので実写は特に嫌だった。けど当時は将来は現実でこうなると願望をもってはいた。

部品整備中に何百㌔もありそうな部品が揺れたりと残念な所があった。質感がないw。

が、しかしパトレイバーは派手な戦闘シーンが少ないので今実写出来るとしたら、パトレイバーはいい選択だと思う。

役者はまあまあかな。演技は出てなかったので分からない。

ちょっとだけパトレイバーが動いてる所があった。思ったより残念ではなかった。

残念なのは映画である事。ドラマ長編でやって欲しかった。

パトレイバーNEXT GENERATION公式サイト

機動警察パトレイバーwiki

拍手[0回]

PR
漫画月刊アフタヌーン発信。
OP凄くいい!あのBEAT好きだわ~(^^)。

人絵…ギュッと目が小さくなって顔の各部の均等さがリアルに近く感じる。なんかイイ!。親近感わく。

世界観とストーリーは主人公の説明の方が読み解きやすいかな。

ストーリー↓
陽系が奇居子(ガウナ)と呼ばれる謎の生命体によって破壊されてから1000年後の世界。人類の繁殖と生産を維持しながら宇宙を旅する播種船・シドニアに暮らす主人公、谷風長道が人型兵器「衛人」の操縦士訓練生となり、仲間とともにガウナとの戦闘を繰り広げる。



主人公↓
衛人操縦士
谷風 長道(たにかぜ ながて)
声 - 逢坂良太
本作の主人公。シドニアの最下層部(地下)で、祖父の斎藤ヒロキ老人と二人きりで生活していた。祖父の死後3年が過ぎた頃、食料の備蓄が尽き、祖父の遺言を破って上層部に出た。そこは無人の最下層部とは異なる居住区であり、食糧庫から米を盗もうとして捕らえられる。その後、シドニア艦長の庇護の下、衛人操縦士の第628期訓練生となった。出生等に関する素性は極秘扱いとされ、ごく限られた人間しか知らない。
現在のシドニア人と異なり光合成ができないため、頻繁に食物の摂取を必要とする。その一方、瀕死の重傷を負い意識不明の状態に陥っても自力で蘇生するなど、驚異的な治癒能力を持つ。
歴史的名機である「継衛」を訓練生ながらに与えられ、同機の専属操縦士として実戦を経験する。戦闘では判断力と行動力に優れ、独断専行気味ながらも多数の戦果を上げてシドニアのエースとなる。機体番号は「704」。

その正体は、前回のガウナとの戦争「第四次奇居子防衛戦」の英雄である斎藤ヒロキのため、14年前に艦長の小林の指示で作られた換装用クローン。遺伝子を操作されたことにより、不死の船員会のような薬によるものではない、生まれついての不老である。ヒロキは自身の換装用としてのクローンの存在を良しとせず、成長途中の長道を奪って居住区外へ逃亡。以後長道はヒロキによって育てられることになった。

衛人の操縦士としての技術をヒロキから教え込まれ、6歳の時点で仮象訓練装置では師であるヒロキの記録を超えるまでに成長していた。不死の船員会以外の者が不死であってはならないため、生還率の低い対ガウナ戦への全参加を条件づけられている。長道をそのように生み出させた当人であり、事情を知る数少ない人物である小林からは不憫に思われ色々と手助けされているが、本人はその事情を知らない。
長い間ヒロキと二人で隔絶した環境で暮らしていたため、シドニアでの生活における基本的な知識が無く、性格も子供のように純朴。同年代の同性、異性と交流した経験もなく、他者の心の機微に鈍感な面があり、気の遣い方も下手を通り越している。だが、仲間が危機に陥ったときには我が身を省みずに助けようとする勇敢さの持ち主である。


衞人は、ちょっとマクロスに似てるかも?。

描写は細かくていい感じ。
楽しみの一作品になった。

シドニアの騎士公式サイト

拍手[0回]

ライトノベル発信。
世界観が分からない。調べてみたがストーリーしかわからなかった。
世界観と目的などのヒントになりそうな所を太字にしてみた。↓

ストーリー↓
大陸歴1604年。当時戦乱の真っ只中にあり、戦国時代を迎えていたフェルビスト大陸。「禁断皇帝」、「魔王」、「狂戦王」など数多くの異名を持ち、巨大な魔法帝国「ガズ帝国」を何百年もの間治めていた皇帝「アルトゥール・ガズ」。そのガズ帝国を「諸悪の根源」と呼び、同盟を結んだ大陸主要6ヶ国は、大軍を用いて帝国に侵攻。先陣を切った8人の男女は激闘の末に玉座の間でガズ皇帝を打ち倒し、彼の遺体を分割してそれぞれが持ち帰った。帝国は滅亡し、8人は「八英雄」という称号を得る。そして戦が終わった大陸には平穏な日々が訪れたのだった。
戦時中は乱破師(サバター)の一人として偵察・暗殺などの傭兵仕事をこなしてきた青年、トール・アキュラ。しかし、平和な時代に不釣合いな乱破師は必要されず、職も生きる目的も失った彼は妹のアカリ・アキュラに叱咤されながら怠惰な日々を過ごしていた。そんなある日、彼はある山中でチャイカ・トラバントと名乗る大きな棺を背負った少女に出会う。そこで棄獣(フェイラ)の一匹である独角馬(ユニコーン)に襲われるが、魔法師(ウィザード)の能力を活かしたチャイカの助けもあり、その場を切り抜ける。
チャイカはトールとアキュラ兄妹に自身の目的と正体を話す。それはチャイカがかつて滅んだガズ帝国の皇帝の娘、「チャイカ・ガズ」であり、父を弔うため八英雄が持ちさった皇帝の遺体を集めたいというものだった。トールとアカリは、道中の用心棒として彼女の依頼を受け、チャイカと共に遺体収集の旅に出る。一方、戦後復興推進機関に所属するアルベリック・ジレット率いるジレット隊や、チャイカそっくりの容姿を持ち、同じくチャイカ姓を名乗る謎の少女達も遺体を目的としていた…。


感想などを読んでいるとライトノベルは8割方人絵で決まるって時々かかれているし、私も8割とまではいかないがそう思う所がある。なので、基本アニメ→原作。ライトノベル…高いしw。実際原作から買ったのは魔法科高校の劣等生だしね。昔はロードス島戦記買ったけどライトノベルなのかな?。ま、いっかw。ただOVA出た時かなり興奮して小遣い貯めてかった。しかもディードリット可愛いし。一気に頭の中の想像した世界に色と声、音楽が加わり、世界の描写が広がったのを覚えている。まだ学生だった私は興奮しまくったのを記憶いるよ。

最近のは幼女が出過ぎてる。最初はいいが、何作もそれが続くと飽きてくる。男は弱すぎだし。日常アニメでもなんでも、あんなに理不尽に女にバコバコ殴られたら殺意さえでてきそうだよw。分かってるアニメだから(^^)。

チャイカのあの喋り方には何かありそうだね。可愛いけど。
アキュラ兄妹の見た目と喋り方はギャップ萌え?を狙ってるのかな。兄様ってw。


棺姫のチャイカ公式サイト




拍手[0回]

ライトノベル発信
人絵はいい感じ。描写が結構細かいのかな。

あらすじ↓
八真重護は、父親に勘当されて人工学園島《七重島》を訪れたことに伴い、安アパートを借りることにした。そのアパートには、そこで殺された少女の地縛霊・龍ヶ嬢七々々が住み着いていた。そして、七々々が生前隠した《七々々コレクション》には、不思議な力が宿っていた。


七々々の声優は田辺留衣さん。1997年5月23日生まれの16歳だそうです。聴いた事ある声だから調べたら…。

『マクロスF』を観て感動し声優目指すって…私にとってマクロスFはつい最近だと思うんだが間違ってないよね?w。
声技上手いと思う。いいね16でやりたい事の道に乗って歩き出せるのは(^^)。

重護の声優は小野友樹さん。子供の役にしてはちょっと大人かな?と、それなのに何となく合ってる感じがした。尚かつ何処かで聴いたことがある。で調べてみた。私が聴いたことがある中で一番近いのは、はたらく魔王さま!!のアルシエル。
なんか、一瞬芦屋を思い出して、プッっとなったw。

で、ちょっとネタバレ?になるかもだけど、重護は怪盗団《祭》の首領の息子であり、次期後継者。勘当されるまでの教育で手に付いたスキル等で物語が進んでいくみたい。

エロもあるけど、大袈裟に描かれてなく男子高校生として普通のレベルなのもいい。勿論、今の所だけど。
一番、ん?、って思ったのは七々々が幽霊なのを照明した後に勝負した場面。違和感ありまくりw。

まぁ何にせよ楽しそうなので観ていく。

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金公式サイト

拍手[0回]

海外反応が出てたので、読んでみた。

これって、多分YouTubeのみたんだな…。
買って観ろよ!って突っ込んでおく。
私は持ってるので、急に観たくなったら観る。何回観ても飽きないw。

口パクまで言われてたので、頭にくる。訳されてないから分からいだろうけど。

ここで白状するけど、純…それはないよ…だけで、後は凄く良かったです。

ひよっちは歌うよミラクルでファンの返しで泣いちゃうけどそれは分る。私も涙でたから。しゅが美もあやちもちょっとだけ泣いちゃったし。あいなまさんは流石、笑顔で頑張ってた。

美菜ちゃんは、キャラソンの振り付けがめっちゃ可愛い。あれは反則級の振り付け。色ピンクだしね。

兎に角、うまく言えないけどアイドル声優って言うより本当に唯たちHTTがみえるんだよね。あんなの初めてだよ。

海外反応↓
海外反応ブログサイト

拍手[0回]

ライトノベルからの発信。

妹の白が可愛い!(^^)
物語の入り方はSAOみたいだけど、ゲームの中ではなくて別世界の設定。
兄妹のテンションの上げ下げが落ち付いた感じでとても好感が持てた。
兄は、駆け引きに長けていて卓越した読心術を身につけている。
妹は、天才で、計算による先読みは予知にさえ到達してる。

このタッグは楽しみ。
苦労しながらも勝ち続けて行くのか、一回落とされて這い上がって行くのか、兄妹対決あるのか、それともゲームに妹賭けて離れ離れになって話が進むのか?…など色々な事を考えちゃったよ(・ิω・ิ)。
兎に角、どんなゲームが出てくるのか楽しみ!。
物語展開も楽しみ!。

物語↓
『  』(くうはく)――それはあらゆるゲームで連勝を重ね、どんな手段を使っても勝てないとされる天才ゲーマーの名前だ。あらゆるゲームで無敗の記録を持つことから一部では都市伝説とされている。その『  』の正体である空と白は、ある日「生まれてくる世界を間違えたと感じたことはないか」と書かれたメールを受け取る。世界を「クソゲー」と呼ぶ『  』の答えを聞いたメールの送り主・テトは『  』を自分の世界へ召喚する。そこは『  』が夢見ていた、この世の全てが単純なゲームで決まる世界――盤上の世界(ディスボード)だった。異世界に飛ばされた『  』は偶然降り立った地に暮らす元王族のステファニー・ドーラから人類種の現状を聞かされる。人類種は他種族から追い詰められ、最後の都市・エルキアを残すのみとなっていた。
現実世界ではヒキコモリだった『  』。果たして『  』は異世界で人類種の救世主となることができるのか。――"さあ、ゲームをはじめよう。"





ノーゲーム・ノーライフ公式サイト

拍手[0回]

制作進行中だそうです。

2014年公開予定。相変わらず私の情報遅いけどw





ガールズ&パンツァー公式サイト

拍手[0回]

私はソードアートオンラインを観て原作全買したひとつ。

『Phantom Bullet』
私的には実はこっからが楽しいんだよね。って言うかシノンが好き。
ネットでの日常、リアルでの日常が書かれてるし人間関係も重なるから。
どう描かれるかはいつもと同じで不安はあるけど。




ソードアートオンラインⅡ

拍手[0回]

好きなアニメが観れるのは良いよね!。

この情報は遅いかもですけどw。



のんのんびより公式サイト

拍手[0回]

ソウルイーターは観たことあるけどあまり覚えてない。なので世界観などはwikiで↓

ソウルイーター


ソウルイーターノット!

私にとってはソウルイーターより始まり方がとても良かったです。
情報では3人レズだと言われてたので、どうかと思ったけど…レズではないですね。
人絵は好きです。主役は3人の女の子かな?。多分軸にはなります。


左から:多々音めめ 春鳥つぐみ アーニャ・ヘプバーン


つぐみが武器で2人が使う形になるのかな?。
その展開も楽しみ。世界観は同じだけどソウルイーターより柔らかい感じがする。

ソウルイーターノット!公式サイト

拍手[0回]

ライトノベル発信。

OPはBEATがいい。

あらすじは

近未来、寄生生物「ガストレア」に敗北した人類は、ガストレアを退ける金属「バラニウム」で作られた巨大な壁「モノリス」を建築し、その中でガストレアから身を守りながら生活をしていた。
希に外から侵入するガストレアの排除を業務とする「民間警備会社」(民警)の一つ、幼馴染である天童木更が経営する「天童民間警備会社」で働く16歳の少年・里見蓮太郎は、大した仕事もなくジリ貧な生活を送っていた。
ある日、珍しくやってきた仕事により通報を受けた部屋に突入すると荒れた部屋の中に燕尾服の男が立っていた。
燕尾服の男と一陣の戦闘の数日後、東京を治める最高責任者「聖天子」により数多の民警が招集され、東京を壊滅しようと目論む燕尾服の男・蛭子影胤の計画を阻止する依頼が言い渡された。
これまでに無かった強敵が東京を侵略しようとする中、連太郎は相棒であり、イニシエーターである藍原延珠と共に死戦を繰り広げる。


相棒に付くイニシエーターは全部女の子。
ガストレア(この世界での敵)の影響を受けた妊婦から産まれた赤ちゃんは全部女の子で、ゆういつガストレアに対抗できる力を持って産まれてくる。設定です。

蓮太郎の相棒は 藍原 延珠(あいはら えんじゅ) 、ロリ少女のイニシエーター。可愛いです。

人絵はいい感じ。戦闘もいい感じ。ただよくある展開だが、キャラ紹介の初話なのか蓮太郎弱い。敵は何故殺さないのか?
って思ったら私の負けだねw。
今のところは、日常も描かれているので好きです。見続ける。
これからの予想としてはイニシエーターを虐めて視聴者の喜怒哀楽を誘うストーリーになりそう。



ブラック・ブレッド公式サイト

拍手[0回]

ブログを始めてまだ日が立ってないが色々な事を思う。

私は普通の人からしたらアニメヲタクかもしれないが、ヲタクからしたらただのアニメ好きだとおもう。

細部までしらないし、見ない。

基本アニメ→原作なので相当気に入らないと、原作買わないし、アイテム貢献しない。学生だったら使い道あるからするけど。

社会人になってのめり込んだアニメは今のところ「けいおん!」シリーズだけ。アニメDVD、ライブイベントBD、CDは揃えた。

昔ドラムやっていたのもあってBEAT好き。音楽がすき。まぁ音楽はみな好きだろうけどw。その音楽も、例えば歌手の容姿が好み、声がいい、曲がいい、詞に共感、今の私の状況に合っている。その人又はバンドの独特のリズムがいい。などの事が重なったり、合ったりすると思う。勿論、何回も耳に入れさせて順応してくのもある。

私の場合は、リズムと声から入っていく。けいおんの場合はもう声にやられていたので音楽聴いてどうなったかはわかるよね?w。(後で詞をじっくり読み解いてどうも恥ずかしく顔真っ赤)

つまりアニメのコンセプトに音楽が入ってると必ず観ます。相当変じゃない限り切らない。実際TARITARIのCDも買ってるしね。

ブログを書いていると声優さん調べる時がある。そうすると、過去の出演歴で、懐かしいアニメとかに遭遇する。これ出てたんだ…ってね。

その時のアニメの思い出し方って

私は何話かのシチュエーションと共にキャラ。印象が強いところ。けいおん!では学園祭ライブの唯と澪がデュオしてる場面から、一気に溢れ出てくる。涼宮ハルヒの憂鬱では学園祭の助っ人ライブでハルヒが熱唱してる場面。マクロスシリーズも歌で戦ってる場面。TARITARIではカセットの母の合唱を聴き和奏が歌い出す場面。と音楽の場面から思い出す事がほとんど。

暗い場面より、明るい、笑っている楽しい場面です。

みんなはどう出てくる?


因みに私は唯や、WORKING!!の「かたなし君w」と同じで小さくて可愛いが好きなので歌以外は可愛い場面が出て来る。
あ、唯は可愛い物かw。あとミジンコは流石に好きじゃないよ。…w。


この流れでWORKING!!のぽぷら役の阿澄佳奈さんを調べたら…おめでとうと嘆きの声が……。
私は知らなかったんだが、ファンには思わせぶりな事を言って心を掴んでたみたいだね。逆に相手の方がそう言う女性を掴まされて同情。
私的にはのんのんびよりのこまちゃんの印象が……。2期があるのに。
阿澄佳奈さんの現在

拍手[0回]

深雪の戦闘時は冷静。冷徹で静かで確かな怒気。で感情を表す。
その声現を、あの柔らかで透明感の声で出きるのかな?と思いどんな出演歴があるか調べてみた。

早見沙織さんです。
出演歴↓
【TVアニメ】
○魔法科高校の劣等生(司波深雪)
・バディ・コンプレックス(弓場雛)
・グラスリップ(高山やなぎ)
・マンガ家さんとアシスタントさんと(足須沙穂都)
・神々の悪戯(草薙結衣)
○ソウルイーターノット!(アーニャ・ヘプバーン)
・ご注文はうさぎですか?(青山ブルーマウンテン)
・とある飛空士への恋歌(シャロン・モルコス)
・咲-Saki-全国編(神代小蒔)   
○バクマン。(亜豆美保) 
○RDG レッドデータガール(鈴原泉水子)
○絶対防衛レヴィアタン(レヴィアタン)
○やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(雪ノ下雪乃)
○TARI TARI(沖田紗羽)
・超訳百人一首うた恋い。(藤原高子)
○戦国コレクション(お茶道・千利休)
○氷菓(十文字かほ)
・森田さんは無口(三浦千尋)
○機動戦士ガンダムAGE(ユリン・ルシェル)
○STAR DRIVER輝きのタクト(アゲマキ・ワコ)
○あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(つるこ(鶴見知利子))
・偽物語(斧乃木余接)
○神のみぞ知るセカイ(ハクア)
○ソードアート・オンライン(サチ)
・好きっていいなよ(新井美樹)
○トータル・イクリプス(崇宰恭子)
・そふてにっ(名雲志保)
・輪るピングドラム(久宝阿佐美)
○そらのおとしものシリーズ(イカロス)
・えむえむっ!(結野嵐子)
○俺の妹がこんなに可愛いわけがない(新垣あやせ)
・伝説の勇者の伝説(クク)
○刀語(皿場工舎)
・れでぃXばと!(フォウ)
○東のエデン(森美咲)
・宙のまにまに(矢来小夜)  
・バスカッシュ(ヴィオレット)
○07-GHOST(ラゼット・プルピャ)
○セキレイ(結)
・我が家のお稲荷さま。(コウ)
・桃華月憚(川壁桃花)
○CLANNAD
・神霊狩/GHOST HOUND
・モノクローム・ファクター

【吹き替え】
 ・ラブリーボーン(スージー・サーモン/シアーシャ・ローナン)※BD/DVD版
 ・名探偵モンク5(リサ)

【劇場アニメ】
 ・トワノクオン1〜4章(キリ)
 ○東のエデン 劇場版 II Paradise Lost   ○東のエデン 劇場版� The King of Eden

【ゲーム】
 ・ラブプラス(高嶺愛花)

○は観たことあるか観たことあるけど内容あまり覚えてないです。
下線してあるのは観たことあって聴き覚えがあるやつ。
一番分かりやすいのは俺妹の゛マイラブリーエンジェルあやせたん゛かな…w。
TARITARIの紗羽で、ちょっとだけ安心した

参考:早見沙織プロフィール
参考:TARITARI公式サイト

拍手[0回]

いよいよはじまった(^^)。



最初それぞれの声に違和感あったけど、慣れるでしょ。
しゅが美(柴田美月)はいい感じ(^^)。

戦闘は、なんだか無駄な動きが多く感じた。
達也たちの自宅が想像より広かったので開放感があった。
オープニングテーマは格好よくて、いい感じ。

達也と深雪のやりとりは、原作を読んでると、達也と深雪になった感じで話をしてるので近すぎて、自分としての感情が過剰になる事が多く、ちょっと引くときがあった。
でもアニメだと引きで見てる為、第三者として観れるから2人のやりとりをプッと笑いにできた。
それは凄くいい感じにやってくれたと思う。



あらすじ
かつて「超能力」と呼ばれていた先天的に備わる能力が「魔法」という名前で体系化され、強力な魔法技能師は国の力と見なされるようになった。20年続いた第三次世界大戦が終結してから35年が経つ西暦2095年、魔法技能師養成のための国策高等学校の一つ、国立魔法大学付属第一高校に、エリートとして将来を約束された「ブルーム」(花冠)の妹と、その補欠である「ウィード」(雑草)の兄が入学した時から、波乱の日々の幕が開く。
四葉家という秘密主義の家系の次期当主候補として将来を縛られた妹・深雪と、そのガーディアンとしてやはり束縛されている兄・達也が、自分たちの自由を掴み取ろうとする物語が大筋となっている。兄妹の高校在学期間を舞台とし、「優等生」も「劣等生」もひっくるめた、学内・学外を問わない多数のキャラクターの物語が繰り広げられる。
入学式から3学期の終わりまで(3年遡った回想エピソードも含む)を描いた「初年度の部」が完結しており(全6編)、進級後を描いた「二年度の部」が現在刊行されている(全5編予定で現1編)。更に次の年度の4編を加えた全15編で作品完結予定[10][注 2]。
「初年度の部」は、全国魔法科高校親善魔法競技大会(通称「九校戦」)や全国高校生魔法学論文コンペティションなど、全国の魔法科高校の生徒が集う高校行事を軸にして、大亜連合やUSNA(北アメリカ大陸合衆国)といった他国の魔法師との戦いが展開する。
「二年度の部」では前年度のエピソードを受け継ぎつつ、国内の魔法師集団「十師族」同士の陰謀争いが色濃くなり、そこに海外からの陰謀も絡みあう中で、平穏を守ろうとする魔法科高校の生徒たちの奮闘が描かれる。進級に応じて達也の立場も変化し、作者曰く[11]、物語は「魔法科高校の革命児」とでも呼ぶべき様相を呈していく。

魔法科高校の劣等生公式サイト

拍手[1回]

概要
人類に敵対して迷惑をかける、ペンギン帝国。ペンギン帝国に対抗できるのは、「Hi-ERo粒子」(ハイエロりゅうし)をエネルギーとして稼働する巨大ロボット「ダイミダラー」のみ。ダイミダラーのパイロットとして選ばれたのは、女の子にエッチな行為を行うことでHi-ERo粒子を発生させる能力を持つ男子高校生の真玉橋孝一。孝一はパートナーの楚南恭子にエッチな行為をしながら、ペンギン帝国と戦うことになる。
基本的にはロボットバトルが中心に描かれているが、ギャグやエロのエッセンスも多分に盛り込まれている。

ヒロインがひよっちなのは知らなかったw。
ひよっち…なんかそういうアニメのキャラあてるの多いな^_^;。

なんか面白かった。

公式サイト

拍手[0回]

プロフィール
HN:
rajion
性別:
男性
趣味:
アニメ
P R
Copyright ©  日本アニメ推進委員会 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]